新しい命

入谷小学校の仲松さんからお手紙と写真をいただきました。

東北にもようやく春の日差しが降り注ぐようになりました。牧場の皆様にはお変わりないでしょうか。
以前,シーサーが腰麻痺にかかってしまったことをお知らせいたしましたが,獣医さんの治療の甲斐があって回復著しく,3月に入谷小学校に戻ってきました。メスの「きゅう」,娘の幸,とともに元気に冬を越すことができました。
もう一つうれしいお知らせがあります。メスの「きゅう」が一昨日出産しました。幸に続く,2産目の子ヤギになります。父親は発情期にシーサーが立てない状態だったため,私の父親が所有しているザーネン種を使いました。
 とても元気な子ヤギで,すぐに立って走り回っています。愛くるしい姿に春休み中にもかかわらず,児童や生徒,保護者,地域住民,転勤した教職員とその家族など,たくさんの方に見に来ていただいています。
 入谷小にヤギがいることで,子供たちも保護者も明るい気持ちになっています。本当にありがとうございました。
取り急ぎ,御礼と近況報告まで。
                                              仲松 晃

はごろも牧場でも新しい命が生まれていますが、東北でも同じようです。
沖縄はあと一息で春。東北も早く暖かくなるといいですね。

大きくなったねぇ。

帽子で防止

宮城の入谷小学校では、田んぼの作業の時は山羊を連れて行くそうです。
雑草も食べてくれると思うけど、稲は大丈夫かな?
ちゃんと見ているんでしょうね。
大丈夫だとは思うけど、危険予防のためのボールの帽子が可愛らしいですね。

美味しいミルク

とても楽しそうです。
ストレスがないといい乳をだすので、きっと美味しいミルクが飲めるでしょうね。

幸ときゅう

3月の幸ときゅうです。
幸も今は随分と大きくなっていることでしょう。

本邦初公開の幸(さち)の写真です。
入谷小学校に行ったシーサーときゅうの子どもなんですよ。
幸せを運んで来てくれたという理由で幸と子ども達と保護者のかたによって命名されました。
幸は放し飼いにしていることが多く、校庭や校舎周辺で子ども達と自由に遊んでいて、
校外に出かける時も可能な限り一緒なんだそうです。
幸もとっても幸せそうに暮らしているようで私も嬉しいですね。

入谷小学校からのプレゼント3

入谷小学校からのプレゼント2

これも、宮城県三陸町立入谷小学校からたくさん送られて来た生徒の絵のひとつです。
台風は無事過ごせたかなぁ?

入谷小学校からのプレゼント1

宮城県三陸町立入谷小学校からたくさん送られて来た生徒の絵のひとつです。
これから少しづつ紹介していこうと思います。
全校生徒が描いてくれたのかと思うくらいの枚数があって
これは私たちの宝ものになりそうです。
みんなありがとう。
末永く可愛がってあげてね。